ブログトップ
奈良道場
奈良の地元で 居合道の道場を開いた

我が師の要請と成り行きに戸惑いながらも
意気に感じ、自分でも予想外の展開である

とにかくは 天の御意志と受け止め
武学館 奈良道場として 先月からスタートした

稽古場所を探したり
真剣を使う為 教育委員会に届けるなど
準備に手間取りながらの船出

全員揃っても 5名のささやかな規模である

今は、始めたからには
充実した道場にしなければならないと
気を引き締めている。

先ずはポスターが出来たので
初のお披露目をこの機会に。

d0051733_15321100.jpg

[PR]
# by samurai521 | 2015-10-31 15:25 | 居合道
国際交流合宿
NPO奈良国際ふれあいの会主催の1泊2日サマーキャンプに参加した
曽爾高原の国立施設で外国と日本人の混成30名のイベント

ルーマニア、アメリカ、ラオス、モンゴル、台湾、日本 の5カ国での交流
会員の私は日本の文化紹介で居合道、合気道をレクチャーした。

特に、強調した事は、剣術の最終目的は刀を抜かずに勝負を決める事

合気道はその答えの一つ、 打撃、蹴り等の破壊的な攻撃は一切無い、
開祖上芝盛平の「たとえ敵と言えども人様を足蹴にする事は失礼である」
の理念の元に古武道を集大成、

故に合気道は平和、愛の武道と言われ フランスでは
日本より合気道人口は多いのである。

宿舎では朝晩、主に子供達が君が代に合わせ国旗掲揚を行う
これらは公の場拒否している所が多い

例え過去の悲しい史実が有ったにせよ
日の丸は、厳然として国旗である。

現代の日本人がその日ノ丸のイメージを払拭し
正しく新しい価値感を創造する様に子供達を導いて行く事が
大人の役目だと思う

平和的で無いと言うなら、伝統の武道も禁止されなくてはいけない
特に現代の 商業主義で作られた無差別に人を殺すようなゲームに対して
無抵抗な大人のほうがよほど問題だと思っている。

現に 国旗掲揚をしている子供達は素直な気持ちで 上げている
戦後70年になっても、過去を引きずり 何時までも頭の切り替え
が出来ない 柔軟性に欠けた大人たちに教えられる子供達は不幸である。

開祖の様に平和的解釈の下、堂々と世界に日の丸を背負って行く
時代が来る事を願っている。

d0051733_11321099.jpg

[PR]
# by samurai521 | 2015-07-22 11:36 | 合気道
油断
昨日の居合稽古で手を切った
真剣を持つようになって ほぼ10年
今まで手を切る事など 無かったのだが

七段を允可されたとたんの事
怪我はたいしたこと無く バンドエイド一枚で
済んだのだが

それにしても 気の緩みとしか言いようが無い
この二十日には 海外留学生の前で 
居合いと合気道のレクチャーをするのだが
この様な失敗は許されない、稽古に身を入れよう。
[PR]
# by samurai521 | 2015-07-08 11:01 | 居合道
トンボのブローチ
機会に恵まれ、真言宗僧侶の車に同乗し高野山に参詣した
20年ぶりの高野山、やはり日本を代表する聖地と再認識、

本年は開山1200年にあたり中門か再建され 
焼失した四天王の内 増長天と広目天が現代仏師により造立された。

目を引いたのは 其々にトンボとセミのブローチを胸に着けている事
僧侶の説明に依ると邪悪なものから守る増長天には
前にしか飛ばないトンボで、決して後には引かない意志をを表現、

広目天は何処までも通るセミの声で、広く全てを見据えている事を表しているとか。

現代仏師の心意気と洒落っ気を感じた。

d0051733_128449.jpg

d0051733_1291269.jpg

[PR]
# by samurai521 | 2015-06-25 12:10 | 身辺雑記
散りて 尚魅せる
d0051733_11281349.jpg

例年剪定時期を誤り 寂しい皐月が
今年はことのほか綺麗に咲いた

十日程咲き乱れた後梅雨に負けて地面に落ち
たちまち無残な色に 既にその面影は無い

今は部屋の中、散り落ちた花を水に浮かべて置くと
更に十日ほど綺麗に咲いて
二度楽しませてくれる

「人生の活かし方もこんな事かもしれない」
と 鉢を見つめる。

d0051733_11264486.jpg

[PR]
# by samurai521 | 2015-06-12 11:30
目標達成の事
中年になってから 武道を始めた私が 
目標とした事が二つ 

その一つは 足腰が立つ間は
何歳になっても、武道を続ける事

もう一つは、合気道、居合道 合わせて 
最低10段は取得する事

合気道は二月に三段に允可された
五月三日には居合道七段の審査をクリアーし
念願の合わせて十段となった

ここ数年雑事に追われ稽古も不十分であったが
年齢の事を考えると チャンスはそう多くは無い

合わせて十段に あと幾つ乗せて行けるか
新たな目標を見つけたい。
[PR]
# by samurai521 | 2015-05-18 16:54 | 武士道について
暖簾

暖簾が古くなり、

縫製工場にお願いした生成りの麻を、新しく染めた


柄はぶっけ本番、ほぼ一日がかり


生駒と松尾山に挟まれたこの地を

地元の人は平群谷と呼ぶ


今は山々の緑が濃く 自生の花が咲く


御客様には、その様な風景を

くぐり抜けて頂きたいと 思いをこめて

d0051733_09590182.jpg


[PR]
# by samurai521 | 2014-07-15 10:01 | 身辺雑記
寿,寿,寿
昨日、は懇意にして頂いている大塚善章さんの
癌撲滅のキャンペーンの「寿、寿、寿」ジャズコンサート

更に共演のゴールデンシニアトリオは
ピアノ善章さん80歳、ビブラフォン鍋島さん88歳、ベース宮本さん77歳

3人合わせて245歳、最高齢トリオと言う事で 
ギネス申請の現場に立ち会う機会でもあった

申請が認定されれば 一挙に平均年齢を5歳も更新する事になる。

立っているだけでも立派、と言えば失礼だが その年齢で
1時間ほどのステージ 観客を充分満足させる技量とパワーは健在である

帰りに大塚さんと話が出来た、
「まだまだやりたい事があるねん!」 お互いがんばりましょう
と逆に励まされた。

自分の年齢でそろそろ引退などと考える事が恥ずかしくなる
思いっきり、背中を叩かれた思いのするコンサートであった。


d0051733_1284918.jpg
[PR]
# by samurai521 | 2014-07-07 13:37
故あってご無沙汰を致した
約10ヶ月、投稿をしていなかった
実はその頃、女房殿の癌が発覚、進行度は5段階のステージ4

手術だけでは直らぬと医師の宣告を受けた
喧嘩をしながらも側にいて、そして当然 自分が先にあの世に行く
そんな風に決め込んでいた私は狼狽

抗癌剤は避けたい、と言う思いも 5箇所に転移した癌の前に、
医師の方針には逆らえず、手術、放射線、と定番の癌治療を受け入れる寸前

病院の手違い(おそらく)で治療の日程が1ヶ月先に延びた、
切羽詰まった私達は医者に頼らぬ決意で必死で調べ 
食事療法、その他代替療法に取り組んだ

結果現在4箇所の癌は消滅、あと一箇所も一割ほどの大きさに縮小
医者は奇跡的といって戸惑っている様子 

代替医療の成果は 人様のご縁に助けられ
神の導きとも思うほどの奇跡的な偶然がいくつも重なった経緯があった。

日々の思いをブログにしたためていた私にとって
女房殿の治療を優先する生活は 正直な文章にはならぬと思い
投稿を休止していた。

その間、便りを寄せて頂いていたり、心配していて下さったりと
不義理が積もっていた事もあり、再開の扉を開ける事にした。

しばらくは 闘病の事も含め、10ヶ月程の間に経験した事等も
時々は書きたいと思う

最後に、助けてくださったた方々、心配りを頂いた方々には
心より感謝申し上げます。

d0051733_164871.jpg

昨年10月病平癒祈願に山梨七面山に登り標高2000mから富士の日の出を拝む
希望の光に感じたご来光が 現実になりつつある
[PR]
# by samurai521 | 2014-06-27 16:59
再会
24年ぶりに、昔のスタッフが訪ねてきた.

再会数分で年月の隔たりは消え、夜中3時まで、語り合い、飲み明かし、空白は徐々に埋まってゆく。

彼は私がデザイン会社のオーナーとして、まさに気力体力に物を言わせ フル回転だった時のスタッフである。

その頃の私は、クライアントに、特にスタッフには強引なまでに自分の考えを貫く、一番過激な頃のスタッフであった、にもかかわらず彼はわざわざ私を訪ねてくれた。

本質的には今も変わらないかもしれないが、私は武道をするようになって、只力まかせに進むことが良い事ではないと気づいた。

無駄な力を抜くこと、相手の力、意思を理解して最終的に倒れる方向に誘導する事、そうすると投げられても不思議に楽しく腹も立たないのである。

この事は仕事に於いても共通する、力でも無く、技でも無く、心の作用を利用する事・・・しかしこれが最も難しい 武道に於いては達人の域 私にとってこの課題は未だ暗中模索の道、

しかし、若い頃にはこの様な道があることすら 知らなかった。
最近は力まかせのあの頃を振り返り、当時のスタッフたちに対してあれで良かったのだろうかと、考える事がある

訪ねて来てくれた彼は、当時私のもとでの経験と、私の言葉を現在の仕事の糧としている、と言ってくれた。
実は、昨年も昔のスタッフ二人に同様の事を言われた。

その時は社交辞令かと思っていたが、今回の再会でその事は真に受けても良いような気がしている。

今でも、デザイン、いや全ての道を志す人は、若い頃力まかせに全力で走る必要が有ると信じている、力を入れた経験の無い者が、力を抜くならば それは只の”フヌケ”になるだけだからである。

私が過去を反省するならば もっと他の表現方法が無かったか?と言う事だ、その部分では昔のスタッフたちには申し訳ない事だと思う。

私は自分のデザインスタッフを 師弟関係の契を交わした弟子の様なものだと思っている。
入所して来る人達はデザイン事務所を勉強、キャリアの場だと思っている人がほとんどだろう

最初の頃はその事が寂しくも有り、悔しくもあったが、今は素直に彼らの活躍を願っている。

只残念な事は、私は当時から未だ途上の輩、故に若い頃の弟子達にはその頃のレベルでしか付き合っていない事である。

師弟関係と言うものは死ぬまで切れぬもの

今の私はデザインという物の捉え方が以前とはかなり違う為、期待に添えるかどうか分からないのだが、

再会出来た彼らとは又 共に進化出来ればと思っている。
[PR]
# by samurai521 | 2013-08-06 02:08 | 交友録



武道を趣味とする私は、趣味が高じてそれが仕事にまで及んでしまった。周囲は迷惑しているが後には引けないサムライの意地がある。blogの中なら斬られる心配が無いので好き勝手に物申す。あしからず、御免!
by samurai521
カテゴリ
全体
デザイン
交友録
合気道
居合道
身辺雑記
武士道について
小鼓
以前の記事
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
合気道・居合道稽古帳
最新のコメント
楢山地名は新潟にもあ..
by ならやま at 17:38
hsiqseftjhoe..
by mnzszpargw at 05:25
mkvwveftjhoe..
by pycvsmxbhy at 01:37
wthlheftjhoe..
by axlkfuimsg at 14:18
urjvkeftjhoe..
by urulftfeak at 11:48
bzcrieftjhoe..
by dwhruvhkff at 21:22
kzzpmeftjhoe..
by gcfugtkvpn at 21:46
qxziegx vhb..
by hello at 01:09
uohfgg
by eligzrw at 00:40
Into your bo..
by Takssnunk at 22:32
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧